自営業のやり方!

自営業の始める前の仕事選び

自営業を始めるにあたって必要となるのは仕事の種類です。当たり前のことのように聞こえるかもしれませんが、自分が行なう仕事の選択はその後の成功を左右する重要なポイントになります。一口に仕事と言っても飲食店のようなサービス業から、何かを作る製造業まで数え切れないほどの仕事があるのです。自営業で成功している人の多くは、自分が興味のあることや得意分野の才能を活かした仕事を選択しています。これは、趣味と同様に、職種に関係なく自分が楽しいと思って取り組めることでなければいい結果を生み出すことができないのが理由です。
そのため、自営業を始めるのであれば自分に向いている方向性についてしっかりと見極めることが成功への第一歩と言えます。

自営業を始めるために必要な手続きと知っておくべき税金の仕組み

自分のやりたい仕事が決まったら、次に本格的に事業を開始するための手続きに入ります。まず全ての仕事に共通しているのが税務署への申請手続きです。自営業は、確定申告といった税金の手続きを毎年自分で行なわなくてはいけません。会社に勤めている場合、これらの手続きは特殊な例を除いて全て会社で行なってくれるので必要はありませんが、自営業は全てが自己責任です。そのため、まず企業するにあたって税務署に開業届を提出することから始めます。選択する職種によっては、場所などが決まっていればこの時点ですぐに仕事を始めることは可能です。しかし、飲食店などの商売を始める場合は営業許可証や、調理師免許といった必要な許可を取得しなければいけません。