自営業によって有意義に生きよう!

好きなことで稼いでいくとストレスもない

自営業者は、何をして稼いでいくのかから自分自身で決めていけます。嫌なことはやらなくていいですし、好きなことだけして稼いでいくということもできます。その点が、サラリーマンとは違う点ですね。サラリーマンの場合は、上司から指示された仕事をするのが基本で、嫌なことでもしていかなければなりません。組織の一員なのですから当然です。自営業者は完全にフリーに動けます。他人を気にすることもありませんから、完全に自分の好きなことに時間を使えます。ストレスのない働き方が理想なら、自営業者は魅力的に映るはずです。休みも自由に設定することができます。一週間に数日だけ働いて、他の日は休むということも不可能ではないのです。

始めるときにはどんな準備が必要なのか

では、自営業を始めるときにはどうすればいいのでしょうか。実は、多くの仕事はすぐに始めてしまって構わないとされています。特別な許可が必要なものでない限りは、思い立ったその日のうちに始めることも可能です。ただ、事業が開始された事実があった日から一ヶ月以内に、開業届という書類を役所に提出はしなければいけません。要は、事後報告でいいということです。とにかく何かお金を稼ぐことをすれば、その人は自営業者だと言うことができるのです。食品を扱う仕事をする場合には、食品衛生責任者資格が必要になります。その他、資格がなければできない仕事はもちろんすることができません。このあたりは、自分のやろうとしていることをきちんと理解して、周辺の法律を調べておく必要があるでしょう。

女性でも、貯金が全くなくても、知識も経験もなくても、免許があれば開業できるのが軽貨物ドライバーです。